HOME >  しじみの栄養成分を調査 >  カルシウム

カルシウム

このページでは、しじみに含まれるカルシウムの働きを解説しています。

骨や歯を作り丈夫にする

しじみには、人間の体に欠かせないミネラルのひとつ、カルシウムも豊富に含まれています。

丈夫な骨や歯を作るために欠かせないカルシウム。骨や歯の形成以外にも、カルシウムにはさまざまな役割があります。主な働きは以下。

  • 骨粗しょう症を予防する
  • 筋肉の動きをなめらかにする
  • 肩こりを予防する
  • イライラを防ぐ

カルシウムの働きとしてもっとも知られているのが、骨や歯を作ったり、丈夫にしたりすることです。

食品から摂取したカルシウムは、小腸から吸収されて、血液中に入ります。血液中のカルシウムは、筋肉の収縮や血液の凝固などに使われて、その残りが骨や歯に蓄えられ、骨や歯を形成していきます。摂取したカルシウムのうち血液中に入るカルシウムは1%で、残りの99%は骨と歯に蓄積されます。

このカルシウムが不足すると、骨粗しょう症になりやすくなります。骨粗しょう症とは、骨がスカスカになり、もろくなってしまう病気です。骨粗しょう症になると、ちょっとしたことで骨折してしまったり、骨折してもなかなか治らなかったりということが起こります。

骨粗しょう症は、50代以降の、とくに女性のほうがなりやすいといわれているので、年配の女性は意識してカルシウムを摂取することが必要です。

1%の大切な働き

カルシウムのほとんどは骨と歯に蓄えられ、血液中に入るのはわずか1%ですが、この1%が非常に重要な働きをしているのです。血液中のカルシウムは、筋肉を収縮させます。これにより、筋肉は滑らかな動きができるのです。カルシウムが不足すると、筋肉が硬直しやすくなったり、けいれんを起こしたりします。

筋肉が硬直すると、肩こりなども起こりやすくなります。さらに血液中のカルシウムには、出血したときに、血液を凝固させる働きがあります。

カルシウム不足がイライラの原因に

カルシウムは、イライラを抑える作用があることでも知られています。血液中のカルシウムの濃度が減ると、神経伝達機能が低下したり、興奮が抑制できなかったりして、うまく感情がコントロールできず、イライラにつながっていきます。

また、血液中のカルシウムが不足した場合、骨からカルシウムが溶け出し、血液中の濃度を保とうとします。その結果、骨密度が低下するなどして、何からの身体的なトラブルが生じて、それがイライラの原因となるとも考えられています。

どちらにしても、カルシウム不足によってイライラが生じる可能性が高いようです。毎日ゆったりと、安定した気もちで過ごすためにも、カルシウムの摂取を心がけたいものです。

>>ミネラル分を豊富にふくむしじみサプリとは<<