HOME >  しじみの栄養成分を調査 >  オルニチン

オルニチン

このページでは、しじみに含まれるオルニチンの効能を解説しています。

肝臓の働きを助けるオルニチン

オルニチンは、しじみに含まれる代表的な栄養素です。オルニチンは「遊離アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸の一種で、血液に溶け込んだ状態で体内を巡っています。その効能としては、とくに肝臓の働きを助け、二日酔いを予防したり、疲労回復に効果があるといわれています。

二日酔いは、体内に取り込まれたアルコールが分解された後に発生する、アセトアルデヒドが残ることで起こります。オルニチンには、このアセトアルデヒドの解毒作用があるのです。

また、オルニチンは、肝臓で「オルニチンサイクル(尿素回路)」という経路で働き、有害なアンモニアを尿素に変えて排出します。アンモニアは体内のエネルギー生産を低下させたり、神経伝達を低下させる物質。オルニチンのアンモニア解毒作用によって、体内のエネルギー生産がスムーズに行なわれるのです。アンモニアは疲労の元になるとも言われているため、アンモニアを分解することで、疲労回復にも効果があるとされています。

肝臓は、「代謝」、「エネルギーの貯蔵」、「胆汁の生成」、「解毒」の働きを担う、重要な臓器です。肝臓の機能が低下すると、全身の不調にも関わってきますから、肝臓の働きをサポートするオルニチンを摂取することは、健康のためにも極めて有益なのです。

オルニチンで基礎代謝量アップ

オルニチンには、成長ホルモンの分泌を促進して、筋肉を増強するという働きもあります。筋肉が増えれば、その分、基礎代謝量もアップし、脂肪を燃焼しやすくなります。基礎代謝が高まれば、効率よくやせることができたり、太りにくい体を作ることができます。

このことから、ダイエットに感心のある人たちの間でも、オルニチンは注目されている栄養素なのです。さらにオルニチンは、体内に入ると「ポリアミン」という物質に変化します。ポリアミンには、肌の新陳代謝を上げる働きがあるため、肌の老化を防いだり、シミやくすみを改善するなど、美肌効果や美白効果も期待できます。

ダントツの含有量を誇るしじみ

オルニチンを含む食材はいくつかありますが、その含有量は、しじみがずば抜けています。

食材100gあたりのオルニチン含有量

  • しじみ…10.7~15.3mg
  • キハダマグロ…1.9~7.2mg
  • チーズ…0.76~8.47mg
  • ヒラメ…0.6~4.2mg
  • パン…0.4mg

よく、「二日酔いにはしじみ汁がいい」と言われていますが、それはしじみのダントツのオルニチン含有量のよるものです。オルニチンが、肝臓のアルコール分解作用の手助けをしてくれるのです。

>>オルニチンを豊富に含んだシジミエキスとは<<